INPUTしたらOUTPUT!

忘れっぽいんでメモっとく

people analytics tokyo #1に参加してきました。

以前、以下の本を読んで人と人とのつながりが組織のパフォーマンスに影響するということを知り、ちょうど勉強会が開催されたので無理をお願いして参加させていただきました。 データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則作者: 矢…

「サイゼリヤで1000円あれば最大何kcal摂れるのか」を{lpSolve}で解いてみた。

R

こんな話がある。 qiita.com qiita.com qiita.com 後者の2つはシンプルなナップサック問題なのでRでもできそうなので以下を参考にやってみた。 momonoki2017.blogspot.com

{lexRankr}で文章要約を試す

R

長期休暇中に消化するはずだった積ん読が全く消化できていない。全部真面目に読もうとするから消化できないわけだけど、 そもそも本を読むときに読むべき場所は7〜11%しかないらしい。*1 ということで文章要約で書籍の中から読むべき部分を抽出したい。文章…

LINE Messaging APIでLINE botを作る(4) センサー連携

estrellita.hatenablog.com の続き。 スマート家電コントローラRS-WFIREX3には気温・湿度・照度をGoogleスプレッドシートに記録してくれるIFTTTアプレットがある。せっかくなのでこれらのセンサーデータをリプライするようにechoman()を修正する。 センサー…

LINE Messaging APIでLINE botを作る(3) リモコン連携

estrellita.hatenablog.com の続き。 部屋をIoT化するのが楽しくなってきたので今回はメッセージに「おやすみ」を含む場合、部屋の照明を消すようにする。 使用する機器はラトックシステム株式会社のスマート家電コントローラRS-WFIREX3。 ラトックシステム …

LINE Messaging APIでLINE botを作る(2) Habitica連携

bot

estrellita.hatenablog.com の続き。 掃除を習慣化するため習慣化をゲーミフィケーションするHabiticaを活用する。Habiticaについては以下を参照。 habitica.com yutoreba.com Habiticaの良い点としてはAPIが充実しているところ。 Habitica V3 API Documenta…

LINE Messaging APIでLINE botを作る(1) 対話実装

bot

ビール片手にLT大会 vol.3 (at WeWork日比谷) - connpassでLTした通り、自分の部屋を擬人化したLINE botを作った。 アヤメ(俺の部屋bot) もともと掃除・片付けが苦手で部屋を擬人化することで掃除後に「きれいになったね」とメッセージすると「ありがとう…

Shinyで家計調査viewer作りました。

R

就職で上京する前、京都に住んでいた頃は毎週ラーメンを食べていたので京都はラーメン大国だと思い込んでいたけどリンク先のランキングではワースト3位という結果だった。。。(天下一品とかラーメン横綱とか行かないのか?) ラーメン(外食)の消費量の都…

Coursera Machine Learningを修了しました。

とても今更なのですがAndrew Ng先生のMachine Learning | Courseraを修了しました。 社内SEからジョブポスティングでデータ分析に携わるようになり、機械学習についても独学で学んできたけど、理論についてきちんと学んでおきたいというのが受講のモチベーシ…

Uber H3のRインタフェース{h3forr}を試す

R

緯度・経度といった座標情報を集計して可視化するには総務省が定めた標準地域メッシュに加工することが多いが、Uberは矩形ではなく六角形グリッドを使用しているとのこと。 Uberはなぜ地図を六角形で埋めるのか - Qiita ドコモのAIタクシーは矩形のメッシュ…

{mapdeck}を試してみる(4/5) Path編

R

{mapdeck}を試すシリーズ4回目。今回はadd_path()で軌跡の描画をしてみる。 今回は前回までと異なり国土数値情報 交通流動量 パーソントリップOD量データで試してみる。

{mapdeck}を試してみる(3/5) Grid編

R

{mapdeck}を試すシリーズ3回目。今回はadd_grid()でgridの描画をしてみる。

{mapdeck}を試してみる(2/5) Polygon編

R

前回の続き。 まずは国土数値情報 交通流動量 パーソントリップ発生・集中量データでPolygonの描画を試してみる。

{mapdeck}を試してみる(5/5) Arc編

R

{mapdeck}を試すシリーズ最終回。最後はadd_arc()を試す。 From-to分析(滞在人口) / マップ - RESAS 地域経済分析システムのように起点と終点間を円弧で描画するにはadd_arc()を使用する。{geosphere}やggplot2::geom_curve()など色々試して狭域ではあまり…

{mapdeck}を試してみる(1/5) 背景地図編

R

geocompr.robinlovelace.net を読んでたらUberのdeck.glをベースにした{mapdeck}なるパッケージがあることを知った。 流石にGeo勢には既に知られているようだけど観測する範囲では紹介記事が見つからなかったのでvignetteの内容を試してみる。 そんなことよ…

第72回R勉強会@東京でLTしてきた

R

以下メモ 第72回R勉強会@東京(#TokyoR) - connpass 第72回R勉強会@東京まとめ - Togetter

第69回R勉強会@東京で発表してきた

R

以下メモ https://atnd.org/events/96013 第69回R勉強会@東京まとめ - Togetter

第68回R勉強会@東京に参加してきた

R

第68回R勉強会@東京(#TokyoR) : ATND 第68回R勉強会@東京まとめ - Togetter 最近はATNDに資料がリンクされているのでそちらを参照していただくとして、某大仏様が 「明日にはブログで晒されてるんだろうなー」みたいなことを仰っていたのでお言葉に従って…

Rプログラミング本格入門をご恵贈頂きました

R

報告が遅くなりましたが「Rプログラミング本格入門: 達人データサイエンティストへの道」を出版社様・翻訳者様よりご恵贈頂きました! ありがとうございます m(_ _)m 著者である @renkun_ken は{pipeR}や{rlist}の開発者であり、Rに関する造詣の深さはTokyo.…

第65回R勉強会@東京で発表してきた

R

以下メモ 第65回R勉強会@東京(#TokyoR) : ATND 第65回R勉強会@東京まとめ - Togetterまとめ

{flexdashboard}と{leaflet}でGISっぽいダッシュボードを作る

R

仕事で{flexdashboard} + {leaflet}( + {plotly})でGISっぽいダッシュボードを作ることがあったのでメモしとく。 以下参考にしたサイト Leaflet for R - Choropleths 地理データをRで可視化:コロプレス図|Tech Book Zone Manatee 0. モチベーション 地図上…

第60回R勉強会@東京に参加してきた

R

以下メモ 第60回R勉強会@東京(#TokyoR) : ATND 第60回R勉強会@東京(#TokyoR)の座席表 - セキココ https://togetter.com/li/1103361

第59回R勉強会@東京に参加してきた

R

前回は補欠で参加できなかったけど今回は参加できたのでメモしとく。 第59回R勉強会@東京(#TokyoR) : ATND 第59回R勉強会@東京(#TokyoR)の座席表 - セキココ 第59回R勉強会@東京まとめ - Togetterまとめ

LPIC 303 ver 2.0を取得しました。

久しぶりの投稿がRやデータ分析に全く関係なくて申し訳ございません。。。 分析業務に携わる前に取得したLPIC Level 2の有効期限が切れかけたの更新してきました。 本ポストの趣旨は「LPIC 303 ver2.0の試験で某testは購入するな」ということです。 後は読ま…

Japan.R 2016に参加してきた

R

遅くなったけど今年もJapan.R 2016に参加してきたのでメモしとく。 Japan.R 2016 - connpass Japan.R 2016 #JapanRの座席表 - セキココ Japan.R 2016まとめ - Togetterまとめ

PostGISで逆ジオコーディングする

以前、逆ジオコーディングするためにelasticsearchを使用する記事を書いた。 CentOS6.7(64bit)にelasticsearch 1.4.1をインストールする - INPUTしたらOUTPUT! RでShape形式のファイルをGeoJSON形式に変換する - INPUTしたらOUTPUT! RでGeoJSON形式ファイル…

AWSのGPUインスタンス上のDockerコンテナでTensorFlow for Rを試す

TensorFlow for RがRStudioからリリースされたので早速試してみた。環境構築が面倒になってきたのでEC2上にDocker環境を構築し、tensorflow+rstudioコンテナを作ったので手順をメモしとく。 項目 設定 リージョン オレゴン Amazon マシンイメージ CentOS 7 (…

第57回R勉強会@東京で発表してきた

R

以下メモ 第57回R勉強会@東京(#TokyoR) : ATND 第57回R勉強会@東京まとめ - Togetterまとめ

AWSのGPUインスタンスにインストールしたmxnetをRから使用する

R

estrellita.hatenablog.com の続き。構築したGPUインスタンスにRをインストールしてmxnetを使用できるようにする。

AWSのGPUインスタンスにmxnetをインストールする

AWSのGPUインスタンスにmxnetをインストールしようとしたら色々はまったのでメモしとく。基本的に以下のリンク先の通り。 Installation Guide — mxnet 0.7.0 documentation Setup Amazon AWS GPU instance with MXnet | Number 2147483647